ギャラリー山里

アクセスカウンタ

zoom RSS 何でこんなところで・・ クサガメの産卵

<<   作成日時 : 2008/06/20 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

やっと梅雨らしい天気となった今日。朝5時ごろ、リビングのカーテンを開けたら庭の砂場でクサガメが産卵をしていました。
ビックリです。我が家から近くの小川までは直線距離にして100メートルはあります。おまけに標高差は40メートルくらい。そこからここまで来るのに急斜面の林を抜け、道路を横切り、急な法面を登らなければいけません。
何でここまで来て卵を産んだのでしょうか・・。それだけ川の近くには良い産卵場所がなかったという事でしょうか。
はたしてこの卵は、順調に孵化して小ガメは川に帰っていくことが出来るのでしょうか。
我が家の周りには野良猫が居るしヘビも居ます。心配です。
画像
                 雨の中一生懸命卵を産んでいるカメ。

画像
                 ここに卵を産みました。その後川のある方向へ歩いていきました。

カメがよく判るように
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。

爬虫類、特にカメが好きなので、画像興味深く拝見しました。

産卵していたのは、褐色がかった橙色の頭部や
尾に同様の色の線が見られる事から、恐らくニホンイシガメでしょう。
同種、我が家でも飼育していますが、産卵以外でも
季節で陸を移動する事もあるようで、陸上でも器用に餌を食べます。

ニホンイシガメは、川から百〜数百メートル離れた、しかも山を登るような
感じの場所に産卵する事もあるようです。
「イシガメの里 / 著・写真 松久保 晃作(2005) 小峰書店 」
には、淡路島でのそういった場所での産卵が記録されています。
数年前の読書感想文の課題図書で、子供さん向けの本ですが、
ニホンイシガメの生活が判る1冊です。
ちよちよ
2008/07/01 20:48
ちよちよさん、ありがとうございます。
イシガメとクサガメの区別があまり良く分からず、この辺にはクサガメ(たぶん)が多いので、そうとばかり思っていました。数年前にも庭先を5センチくらいの子亀が歩いているのを見つけて、子供たちが少しのあいだ水槽で飼っていたことがありました。それもイシガメだったのかもしれませんね。その子亀は一週間くらい飼って川に帰してあげました。
さて、亀の卵ですが、これからどうしようか思案中です。このまま砂場で孵化して出てくれば、猫やヘビの餌食になることは確実・・。かと言って、掘り出して砂を入れた水槽に入れても、うまく孵ってくれるのかどうか不安。孵化した場所に網をかぶせては、と色々考えてはいるのですが・・・。アップの写真追加しました。
岡本
2008/07/01 22:34
こんばんは。
アップの画像、土質や湿り具合がわかり、非常に勉強になります。
その道の方が撮る写真は、場の空気や質感が感じられます。

外国産のカメの繁殖経験はあるのですが、
・カメ類の判明しているうちの多くの種で、ある時期の温度で性別が決まる
・孵卵時の条件(温度や湿度など)で、少なくとも外観の変異が生じる
可能性や、ある種のトカゲでは個体の適応能力に影響あると研究も。
・発生が始まった後は向きが変えられない・・・
母さんガメが子孫を残せると判断し、幼体が見つかった場所です。

>孵化した場所に網をかぶせては、
アメリカの方で淡水ガメでしている方いまして、
カミツキガメの産卵巣をガードした例(June 12, 2007)
ttp://www.liloia.com/archives/2007_06.php
他にもトリカルネットで同様の囲いも見た記憶です。
我が家の屋外のカメ飼育場所はトリカルネットで上部を覆っていますが、
温度的にそう影響しないかなとは思います。
ちよちよ
2008/07/02 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
何でこんなところで・・ クサガメの産卵 ギャラリー山里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる